Caトピックス

その知名度とは逆にあまり知られていないカルシウムの効果や効能。
カルシウムに関する最新情報やトピックスなどを定期更新によってお届けします。

2017.10.18

糖尿病とカルシウム

海外の論文では、カルシウム摂取と糖尿病発症の関係が多く報告されています。日本でも国立がんセンターの研究により実証されました。
内容を見る
2017.03.16

動脈硬化とカルシウム

動脈硬化の原因のひとつにカルシウム不足が考えられることをご存知ですか?
内容を見る
2016.12.27

カルシウムの推奨量を知っていますか?

平成27年の国民健康栄養調査結果がでました!昨年に比べ増加していますが、カルシウムの推奨量にはまだ達していません。
内容を見る
2016.10.17

肩こりとカルシウム

肩こりの原因のひとつにカルシウム不足が関係しているのではないかと言われているのをご存知ですか?
内容を見る
2016.08.08

発汗とカルシウム

汗をかくとミネラルバランスが崩れます。今回はミネラルの中のカルシウムに注目してみました。
内容を見る
2016.06.06

認知症とカルシウム

カルシウム摂取が認知症発症のリスクを低下する可能性があることがわかってきました。
内容を見る
2016.04.12

花粉症とカルシウム

春、さわやかな風が心地よい季節ですが、花粉症の人にとってはつらい季節ですね。花粉症とカルシウムの関係をご存知ですか?
内容を見る
2016.02.10

カルシウムの吸収促進に日光浴

カルシウムの吸収促進に必要なビタミンDと日光浴との関係をご存知ですか?
内容を見る
2015.12.28

足りていません!! カルシウム

年々減っているカルシウム摂取量、果たして平成26年の「国民健康・栄養調査」はどのような結果になっているのでしょうか?
内容を見る
2015.12.04

顔のしわ予防にカルシウム

骨密度の減少が顔のシワやたるみの原因となることをご存知ですか?
内容を見る
2014.12.26

年々減っているカルシウム摂取量

平成25年国民健康・栄養調査概要が報告されました。調査開始以来摂取量を満たしたことが無いカルシウム、今回の結果は?
内容を見る
2014.09.30

小中高生こそ、骨密度を高めましょう!

骨密度は子供の頃から高めておくことが大切です。小中高生の皆さん、カルシウム足りていますか?
内容を見る
2014.07.03

アンチエイジングとカルシウム

「アンチエイジング」ってどのような事をするのでしょうか? カルシウムと関わりを通して見てみましょう。
内容を見る
2014.03.31

知って欲しい「カルシウムパラドックス」

カルシウムパラドックスって何のことでしょうか。一緒に勉強してみませんか?
内容を見る
2013.10.23

胎児の成長とお母さんに必要なカルシウム

胎児が育つために、どの位のカルシウムが必要かご存知ですか?
内容を見る
2013.08.29

ロコモティブシンドロームの予防

最近良く耳にする『ロコモティブシンドローム』 予防するために私たちにできる事は何でしょうか?
内容を見る
2013.04.30

カルシウムを貯金しよう!

毎日摂取する事が大切なカルシウム。少しでも骨に蓄えるには、どうすれば良いのでしょうか?
内容を見る
2012.12.28

日本人のカルシウム摂取の地域性

日本人のカルシウムの摂り方に地域性はあるのでしょうか?国民健康・栄養調査の結果を用いて検証してみましょう。
内容を見る
2012.10.31

カルシウム摂取が腎臓結石予防に!

最近、カルシウムを摂取することが腎臓結石の予防になるということがわかってきました。そこで、腎臓結石ができる仕組みとカルシウムの関係について解説しましょう。
内容を見る
2012.08.30

まだまだ足りないカルシウム摂取

カルシウムは国民健康・栄養調査が実施されてから約65年間、今だに不足している栄養素です。 先頃発表された調査結果に基づいて、カルシウム不足の現状を見てみましょう。
内容を見る
2012.06.28

水溶性カルシウムを摂る必要性って何?

水溶性カルシウムを摂取することの重要性についておさらいしてみましょう!
内容を見る
2012.05.01

メタボ予防にカルシウムを!

慢性的にカルシウムが不足すると、内蔵脂肪を溜め易くなるってご存知ですか?
内容を見る
2012.02.20

カルシウム不足が高血圧を引き起こすメカニズム

厚生労働省の『平成22年国民健康・栄養調査結果の概要』によると、日本人の男性60.0%、女性44.6%が高血圧症有病者です。減塩と並んでカルシウム摂取も高血圧予防の大切な要素です。 今回は、そのメカニズムについてのご説明します。
内容を見る
2011.12.26

免疫とカルシウムの関係

寒波到来!寒さ対策と共に、風邪やインフルエンザなどの感染症対策も大切ですね! 感染症対策に大切な免疫とカルシウムの関係をご存知ですか?
内容を見る
2011.10.31

男性も骨粗鬆症になるってご存知でしたか?

男性も骨粗鬆症になるってご存知でしたか?
内容を見る
2011.08.30

カルシウムで夏バテ対策しませんか?

夏の疲れが出てきていませんか?夏バテ対策にもカルシウムは一役買っています。
内容を見る
2011.06.30

アクリルアミド低減にカルシウムイオン

カルシウムイオンがアクリルアミドの生成を抑えることができるのは、どのような仕組みなのでしょうか?
内容を見る
2011.04.28

スポーツドリンクに使われる乳酸カルシウム

飲料に適したカルシウムにはどんなものがあるでしょうか?
内容を見る
2011.02.28

潤いのあるお肌にも欠かせないカルシウムイオン

乾燥続きのこの季節、お肌の潤いが気になりますね・・・皮膚の細胞にもカルシウムイオンが重要な働きをしています。
内容を見る
2010.08.27

月経前症候群(PMS)とカルシウム

月経前症候群(PMS) - 月経のある女性の約半数が経験するといわれている症状で、月経前になるとイライラやのぼせ等精神的又は身体的な種々の症状の総称です。このPMSとカルシウムはどのような関係があるのでしょうか?
内容を見る
2010.01.08

ミネラルバランス

健康な身体を保つためにミネラルバランスは重要です。カルシウムとマグネシウムの摂取についてご説明致します。
内容を見る
2009.08.31

カルシウムの吸収性って何?

『吸収性が良い』という言葉をよく目にしませんか?ここでは、カルシウムの吸収性について検査方法を含め、解説致します。
内容を見る
2009.07.02

歯周病とカルシウムの関係

歯周病・・・歯を磨く以外にも歯周病を防ぐためにできる大切なことは何でしょうか?
内容を見る
2009.04.13

記憶とカルシウム

正確に調整された血液中のカルシウム濃度とその1万分の1の細胞内のカルシウム濃度の差が脳の記憶にも深くかかわっているのをご存じですか?
内容を見る
2008.12.26

骨量と運動

運動不足は肥満の原因になるだけでなく、通常より骨量が減少して骨粗鬆症になりやすくなると言われているのを御存知ですか?
内容を見る
2008.11.06

イライラとカルシウム

カルシウムが不足するとイライラするとよく言われますが、その仕組みについて簡単にご説明致します。
内容を見る
2008.08.29

こむら返りの原因とカルシウム

こむら返りの原因は筋肉の疲れによるものだと思われていませんか?実は意外なところにも原因があることがわかっています。
内容を見る
2008.07.04

女性の骨粗鬆症とカルシウム

なぜ、女性の骨粗鬆症が多いのでしょうか?その理由と20代からできる予防法とは・・・
内容を見る
2008.04.30

ダイエットにも欠かせないカルシウム

女性なら誰しも気になるダイエット。ダイエットとカルシウムの関係は?
内容を見る
2008.03.06

成長期とカルシウム

ご存知ですか?カルシウムは昭和20年に国民健康・栄養調査が始まって以来『唯一60年間不足し続けている栄養素』です。
内容を見る
2007.09.28

スポーツとカルシウム

カルシウムは、骨で運動中の体を支えるだけでなく、心臓や筋肉の働きを助ける重要なミネラルです。
内容を見る
2007.09.28

表示を見てみよう

食品や飲み物の裏側の表示を見るとそれがどんなもので作られているかがわかります。
内容を見る

このページのTOPへ